地デジ対応テレビへの買い替えちょっと待った!省エネテレビを選ぶコツ

もう地デジ対応テレビの準備は済みましたか?

2011年7月24日だから、もうあと3年ですね。


まだ地デジ対応テレビへの買い替えが済んでいない人は、今いろいろと検討中なんでしょうね。

ところで、地デジ対応テレビへの買い替えですが、液晶テレビがいいのか?プラズマテレビがいいのか?悩んでいる人もいるんでしょうね。

さすがに、今からブラウン管テレビを買おうという人はいないと思います。
地デジ対応テレビへ買い換えるなら薄型テレビの液晶か?プラズマか?ってことになると思いますが、なにを基準に決めようと思っていますか?

よく聞くのは、「液晶は映像のスピードが遅い。だからスピード感があるスポーツとかアクション映画を見るならプラズマの方がいい。」という話。

確かに、構造的にはそうみたいです。でも、我が家では液晶テレビを使っていますが、特に違和感なく見れてますね。

で、もしこれから買い替えを考えているならば、是非検討する条件の一つに入れて欲しいのが「どちらが省エネか?」ということ。

同じサイズのテレビで電気消費量を比較した場合、

液晶テレビ < ブラウン管テレビ < プラズマテレビ

となります。

最も省エネなテレビは液晶テレビなんですね。
逆に、プラズマテレビは映像がキレイな反面、消費電気量が多いテレビです。


単純に考えれば、今はまだブラウン管テレビを見ているなら、液晶テレビに買い替えれば電気代が節約できることになり、逆にプラズマテレビに買い替えれば電気代がかさむことになります。


ということで、これから薄型テレビの購入を考えているならば、省エネ(節約)という視点から見れば、液晶テレビがおすすめということになります。


しかし


しかし


しかし



そこには、ちょっと罠が・・・・




ま、罠という程ではありませんが注意点があります。


それは、先ほどの電気消費量を比較した場合の条件が「同じサイズのテレビで電気消費量を比較した場合」という点です。

同じサイズのテレビで比較すれば、確かに液晶テレビが最も省エネテレビです。

しかしブラウン管テレビから薄型テレビに買い替える場合、同じサイズのテレビを購入する人は少ないと思います。

と、いうのもブラウン管テレビはデカイ!特に奥に!

それが、薄型テレビになれば置くならスペースがかなり余裕があります。

「これを機会に・・・」というのもあると思いますが、買い替えをきっかけにテレビのサイズを大きくしようと思う人が多いです。

と言うことは、電気消費量はテレビのサイズに比例して多くなります。
テレビが大きくなれば、電気消費量は増えます。

せっかく省エネタイプの薄型液晶テレビに買い替えても、大きすぎるテレビに買い替えてしまうと、逆に節約につながらないケースが出てきます。

ですから、節約を狙って液晶テレビに買い替える場合は、あまりにもデカイテレビに買い替えると逆効果になってしまうこともあることを考えて欲しいです。

例えば、今28インチのブラウン管テレビを使用している場合、32インチの液晶テレビに買い替えるくらいであれば節約になるでしょう。
でも、これが一気に47インチなんかを買ってしまうと節約になりません。

私のおすすめは、ワンサイズ大きいくらいが丁度いいと思います。


【関連記事】
液晶テレビの映像モードを使いこなして節約

posted by 節約初級 at 20:47 | TrackBack(0) | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。