ビデオの主電源をオフにして節約

ビデオデッキはリモコンで電源を切っても主電源が入っていれば電力を消費しています。
いわゆる「待機電力」と呼ばれるものです。

中でもビデオデッキは家の中の待機電力消費量がワースト2位の電化製品です。

日本人の1日のビデオ使用時間は平均1時間だそうです。
ということは、残りの23時間は使っていないのに電力を消費していることになります。
実に使用時の約70%が待機電力で電気を消費しているそうです。

ビデオを見ていない時間主電源をオフにするだけで、1年間で約1,900円が節約できます。


posted by 節約初級 at 16:27 | TrackBack(0) | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。