熱い物は冷ましてから冷蔵庫へ

熱いもの、温かいものを冷蔵庫に入れると、庫内の温度が上がりその分電気消費量も増えいます。
それだけではなく、庫内の温度が上がれば他の食品も傷みやすくなります。

なので、熱いもの、温かいものは自然に冷ましてから冷蔵庫へ入れるようにしましょう。

仮に50度のものをそのまま冷蔵庫に入れた場合に比べて、冷ましてから入れると年間約1,880円の節約につながります。
posted by 節約初級 at 17:27 | TrackBack(0) | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。