保温機能付きポットの節約術

保温機能付き電子ポットは、いつまでも温度をキープしてくれますので大変便利です。

お湯を頻繁に使う人には、いつでも沸いた状態のお湯がボタンを押すだけですぐに出てくるのはありがたい話です。
しかし、常に90度以上の高温をキープするには、それだけの電力も必要となります。

でも実際、そんなに頻繁にお湯を使う人って少ないと思います。

そこでポイントになるのが設定温度。

最近は保温温度を設定できる電子ポットが発売されています。
約60度くらいの低温で保温し、必要に応じて再沸騰させるほうがお得になることがあります。

例えば、98度で4時間以上保温するよりも、低温で再沸騰させるほうが電力消費量は少ないそうです。

お湯の利用頻度によって温度設定することが節約のポイントですね。

posted by 節約初級 at 20:19 | TrackBack(0) | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108738306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。