ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの電気代

これから冬を迎えますが、暖房器具の準備はOKですか?

暖房器具にも、部屋全体を暖める暖房器具と、一部分を暖める暖房器具があります。
部屋全体を暖める暖房器具はエアコンやファンヒーターなどですね。
一部分を暖める暖房器具は、コタツや電気ストーブ、ハロゲンヒーター、カーボンヒーターなどです。

ところで、電気ストーブ、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、この違いって分かりますか?

この3つは機能的に似ています。
台所や部屋に一人でいる時など、部屋全体を暖めなくても一人くらいなら十分暖まることができて非常に便利な暖房器具です。

「じゃー、どれを買えばお得なの?」

と言われると、いまいち機能や性能の違いを理解していないので分かりませんでした。
今回、この3つの中で最もお得な暖房器具がどれかというのを知りましたのでご紹介します。


電気ストーブ



電気ストーブは、この中では一番歴史が古い暖房器具ですね。私が子供の頃からありましたから。
電気ストーブはコンパクトボディーなので手軽で持ち運びが楽。
なので、「足だけ」とか、一部分を暖めるには絶好の暖房器具として誕生したのでしょう。しかも価格がリーズナブル。
でも、弱点は電気代が高いこと。
電気ストーブをつけながらレンジでチンなんかするとブレーカーが落ちたことが何度かありました。


ハロゲンヒーター



ハロゲンヒーターはここ数年見かけるようになった暖房器具です。
いつからかは正確には分かりませんが。(笑)
ハロゲンヒーターの特徴は電気ストーブのような形をして、手軽さはそのままに暖房性能が高いこと。
構造的にはハロゲンランプの光を熱にかえて暖める仕組みで、電気ストーブより遠赤効果でより暖かくなります。
しかし、電気代は同じく高いです。

カーボンヒーター



カーボンヒーターもここ数年見かけるようになった暖房器具ですね。
カーボンヒーターも見た目はハロゲンヒーターとほぼ変わりがありませんので、使い勝手という点では同じと考えていいでしょう。

しかし、カーボンヒーターには非常に魅力的な点があります。
それが、電気消費量がハロゲンヒーターのほぼ半分ということ。
ということは、同じ暖かさをだすために、例えばハロゲンヒーターが1000W必要なところを、カーボンヒーターなら約500Wの電力量で暖かくなるということです。

消費電力が半分になれば当然電気代も半分で済ます。
しかも、暖かさ・機能性は同じとなればこの3つで最もお得な暖房器具はカーボンヒーターと言っていいでしょう。

なぜ、カーボンヒーターが省エネかという理由について説明しておきます。
カーボンヒーターは炭素繊維が発熱体です。
この植物性炭素繊維の赤外線放射量は、ハロゲンヒーターの約2倍なんですね。


最後に、まとめるとこういうことです。

1位 カーボンヒーター
2位 ハロゲンヒーター
3位 電気ストーブ


posted by 節約初級 at 12:12 | TrackBack(1) | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

ハロゲンヒーター
Excerpt: 暖房器具を用意する時期になりました。 エアコンからの温風と乾燥がどうにも苦手なもんでして…なので、我が家の暖房器具はコタツとホットカーペットがメインです。 しかし、これらの機器群に一昨年から新..
Weblog: 通販日記。〜楽天的通販マニアによる評価と口コミ発信ブログ。〜
Tracked: 2010-06-15 09:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。