窓からの冷気を遮断して暖房効率アップ&電気代節約

エアコンやファンヒーターの設定温度を上げても寒いとき、それはせっかく暖めた部屋の空気が逃げている可能性が高いです。
せっかく暖めた空気が逃げていれば、いくら設定温度を上げても暖かくなるはずがありません。

ポイントは暖房効率のアップ!
いかに暖房器具で暖めた空気を外に逃がさないかです。

じゃー暖めた空気はどこから逃げているのでしょう。


感のいい人なら直ぐに気づくでしょう。
別に感がよくない人でもちょっと考えれば分かりますね。


そうです。答えは「」です。


壁や床は断熱材が入っているので比較的空気が逃げにくい所ですが、それに比べ窓ガラスは断熱性が低い。
暖房で暖まった部屋でも、窓際に行くと寒いって経験ありませんか?

そういうことです。

窓際は冷気が入りやすく、それが足元に忍び込むからいくら暖房の設定を上げても部屋が暖かくならないのです。


じゃーどうすれば、それを回避できるでしょう?


答えは簡単ですね。

窓際から空気が逃げないような仕組みを作ればいいわけです。


その仕組みとは・・・



ウインドーラジエーターという補助暖房器具を使いましょう。

ウインドーラジエーターには窓からの冷気をシャットアウトする効果があります。
窓下に置くだけで冷たい冷気が部屋に入り込むのを防いでくれるという優れものです。

さらに、冬場の暖房と切っても切れない関係なのが「結露」。
暖房で部屋を暖めると、気づいたときには窓にびっしりと水滴が・・・。
ひどい時には窓がびしょびしょってことも・・・
ウインドーラジエーターには、その悩ましい「結露」の発生を軽減する効果もあります。

ウインドーラジエーターを使えば体感温度が2度上昇すると言われています。
ということは、暖房器具の設定温度をいつもより2度低く設定しても十分な暖かさを感じられるということです。

暖房の温度設定を2度下げることができれば、かなりの電気代節約につながります。

しかもウインドーラジエーターにかかる電力はごくわずかで、白熱灯の電球1個分の電力で一晩中効果を発揮します。
そのうえ手が触れても大丈夫な温度なので、カーテンに触れて火災が発生するという心配もなく安全面でも安心です。


いくら暖房の設定温度を上げても部屋が暖まらないとか、暖房にかかる電気代を節約したいとお考えなら、暖房効率アップのためにウインドーラジエーターの導入を検討してみてはいかがでしょうか?



ウインドーラジエーター


《関連記事》
冷暖房の設定温度を適切に調整して節約する
窓からの冷気を遮断して暖房効率アップ&電気代節約
ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの電気代
こたつの電気代を節約する方法
ホースを使ってコタツの電気代を節約




posted by 節約初級 at 15:45 | TrackBack(0) | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。