不況の今、家電製品を安く購入するコツ

今まさに100年に1度の不況と言われています。
不況で物が売れない時代です。でも裏を返せば、物を買うなら今が底値でチャンスと言えます。

3年後に地デジに完全移行するのは誰もが知っていると思いますが、そうです地デジ対応の液晶テレビに買い替えるなら、今がまさにチャンスかも知れません。
チャンスは地デジ対応液晶テレビだけじゃありません。
消費税が3%から5%に上がった1997年に駆け込み需要で家電製品を買い替えた家庭も多いと思いますが、あれから12年。そろそろ家電製品の寿命が近づき買い替えの時期に来ている製品が多いと思います。

更に、今の家電製品はものすごい技術進歩で節約設計になっています。
10年前の商品より電気代が半分や4分の1なんてのは当たり前くらいの話で、メーカーや物によっては半年前の製品よりも電気代が半分なんてものあるそうです。

そういう意味で、今家電を買い替えるチャンスが到来しています。
家電量販店も、この不景気で物が売れない時代、在庫を抱えても仕方がないので、底値でも売りたいと考えています。欲しい物があるならチャンスですね。

先日テレビで流通ジャーナリストの金子哲雄さんが、家電製品を安く購入するコツを紹介していたので、まとめておきます。

その1 家電量販店の激戦区ズバリ「池袋」を狙え!

家電量販店の激戦区と言えば、秋葉原かと思いましたが、今は池袋が熱い戦いになっているそうです。

その2 駅から遠い店舗を狙え!

駅周辺は立地条件が良いので、家賃も高くそれが商品の値段にも反映しているそうです。
逆に、駅から遠くなればその分安くなる傾向があるそうです。
まとめると、池袋でさらに駅から離れたお店が狙い目です。

その3 週末の夕方を狙え!

週末はその週の締めになるので、販売実績を上げたいお店は安くしてでも売りたい傾向が高いそうです。週末の閉店間際を狙って値切り作戦にでればチャンスが増えそうです。


それから、安く値切るコツも教えてくれました。

その1 「この店安いね!」

この一言で店員を持ち上げる

その2 「在庫処分のお手伝いをしますよ!」

この一言でモデルチェンジした型落ちモデルを狙う。

その3 「もう他店には行かない。」

もう他の店には行かないで、その店で買う決意を伝える。


以上

この方法で経済が活性化して景気回復につながるといいですね。 



posted by 節約初級 at 10:55 | TrackBack(0) | 生活費節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115022556
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。