人気の節約術ランキング

gooランキングで「人気の節約術ランキング」というのが載っていました。
結果は下記のとおり。


第1位 おトクなナイト8&10
第2位 オフシーズンのエアコン
第3位 エアコンの買い換え
第4位 冷暖房設定温度
第5位 エアコンのフィルター
第6位 見てないテレビ
第7位 炊飯ジャー(電気炊飯器)の保温
第8位 残り湯で洗濯
第9位 冷蔵庫の適温設定
第10位 カーテン
第11位 電気こたつ
第12位 1日1時間の消灯
第13位 大きすぎるテレビ
第14位 冷蔵庫の開閉
第15位 冷蔵庫のドアパッキン
第16位 電球のワット数
第17位 ビデオの主電源
第18位 冷蔵庫は大きめ
第19位 軽い汚れの洗濯
第20位 適量の洗濯
第21位 電球型蛍光灯に
第22位 便座の保温スイッチ
第23位 熱い物は冷まして
第24位 温水洗浄便座の温度設定
第25位 冷蔵庫の詰めすぎ
第26位 炊飯器の容量
第27位 テレビ画面の明度
第28位 冷暖房の機種による差
第29位 温水洗浄便座の蓋
第30位 電子ポットは低温保温


これを見て思ったことは、ほとんどが電気代に関する節約術。
一般的に電気代に関する関心度が非常に高いことが良くわかりました。

電気代ってやっぱり高いんですかね。

我が家は4人家族ですが、月の平均電気代は約1万円前後です。
夏場になるとエアコンがほぼフル活動しますので、その時期は2万円に達することもあります。

他の家庭と比較したことがないのでよく分かりませんが、我が家の電気代は掛っている方なんでしょうか?
何となく多い方じゃないかと自分では思っているのですが。


考えてみると、現代の生活は色々と便利な物が生まれているおかげで、電気代を利用する物が異常に多い気がします。

パソコン周りを見ても、パソコン、プリンター、モデム、ルーター、デジカメなど。
テレビの周りを見ても、テレビ、レコーダー(ビデオデッキ)、スカパー!チューナー、ゲーム機など。
台所に行けば、冷蔵庫、オーブンレンジ、ジューサーミキサー、フードプロセッサー、生ゴミ処理機など。

思い起こせば自分が子供の頃、まさに昭和のまっただ中の時代はこんな物ありませんでした。
せいぜい、テレビと冷蔵庫くらい。
これが徐々に、レンジが増え、ビデオデッキが増え、テレビの台数が増え、ファミコンが世に出回り、これが今ではこんなに沢山の電化製品が。

今では当たり前の、OA機器用の差し込みが沢山あるコンセントなんて昔は無かったし、必要なかった。
もし沢山のコンセントをまとめていると、たこ足配線のコンセントは火事の元で危険と言われました。
これが、今では当たり前。

現代人の電気に依存する割合が異常に高くなっていることを感じますね。

逆に、それだけに電気代節約の関心が高まっているんでしょう。

posted by 節約初級 at 11:21 | 節約術の種類&ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。