車購入 値切りのコツ

車に詳しい人に教えていただいた、車を買い替える時の値切りテクニックをご紹介します。
知らないと損します。実は私も今まで知らなかったので、何度か車を買い換えていますが損してたのかも?
と、思うとゾッとします。

まず、車の買い替え時期が近づいてきたり、欲しい車があったらディーラーの営業マンと話をすると思います。
車の機能やスペックなど、色々話を聞きながら検討します。

自分がその車のオーナーになった時の様子を想像しながら、ワクワクする時間です。


最後に買うかどうかで重要なポイントは値段ですね。
値段交渉する場合も、オプションや諸費用などを含めていくらになるか相談します。
もし自動車ローンを利用するなら、月々の支払いがいくらになるのか計算しながら値段交渉をします。


車の値段は、「車体価格 + オプション + 諸経費等 − 値引き = 支払い金額」で決まります。

しかし買い替えの場合、もう一つ重要なポイントがあります。

それは、今乗っている車の下取り価格です。
今乗っている車がいくらで下取りしてもらえるかで、新車購入費用の負担もずいぶん違ってきますね。

問題はここです。

例えば、営業マンが「今乗っている車を10万円で下取りさせてもらいます。」と言ってきた時、その下取り価格は本当に適正な値段なのかどうか。

それを知らないと、「ハイ、分かりました。助かります。」と納得してしまいます。これ、過去の私。

でも、実は今あなたが乗っている車の買い取り価格の相場が30万円だったとしたらどうですか?

20万円も損していることになります。

これでは、例えば値引き価格が5万円と言ってきても、それを考えても15万円も損していることになりますね。
逆に、営業マンは「してやったり!」です。

知らないって怖いですね。


自分の今乗っている車の価値を知ってれいば、「他社で見積り取ったら30万円で下取りするって言われたよ!もう少し負けてよ!」と交渉できるわけです。


新車購入に浮かれていてはダメです。
特に大きな買い物をして、分割で支払うローン形式を考えていると、「少しくらいいや!面倒だから。」となってしまいます。
これでは思うツボです。

自分の乗っている車の査定価格を、まずしっかり知っておくことが、値切り交渉のコツです。




たぶん、自分も下取りでやられていたと思います。
何も知らなかったので。クソーーー!

posted by 節約初級 at 13:52 | 自動車の節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーシェアリングで乗用車の維持費を節約

一時期ガソリン代が高騰した時、カーシェアリングが話題になりました。
カーシェアリングは確かに車の維持費を格段に節約してくれる方法の一つです。

カーシェアリングとは、1台の車を一人で維持するのではなく、複数人で維持する方法です。
この方法なら、車の維持費を分担できる訳ですから、今まで一人(一家)で全部払っていた車の維持費は格段に軽減することができます。


■自動車は金食い虫

実際に乗用車を所有してみると分かりますが、1台の車を所有するということは、年間かなりの維持費が発生します。

ガソリン代、車検費用、自動車税、自動車保険などは最低限発生しますし、この他に自動車をローンで購入すれば自動車ローン、車検の間の1年点検や6カ月点検などを行えばその費用、それにエンジンオイルやオイルエレメント、ワイパーゴムなどの消耗品。消耗品は挙げれば限が無いほどたくさんの部品がありますし、もし故障となればまた費用が発生します。

しかも、車は高級になればなるほど、大きくなればなるほど部品の値段も上がります。

そう考えると、本当に自動車は金食い虫のように思えてしまいます。


■カーシェアリングに向く人・向かない人

車は金食い虫と分かっていても、生活環境や地域によっては車は欠かせない生活ツールの一つとなっていて、車が無ければ仕事にも行けないし生活にも困るという人がいるのは確か。そういう人は無理に車を手放す必要はないでしょう。

カーシェアリングに向く人は、乗用車は所有しているが、乗るのは週末のみとか、ある程度利用制限がある人に向いているシステムだと思います。
乗用車を所有していても、眠っている時間が長いという人ですね。必然的に電車通勤が多い都心部の人が該当すると思います。



■カーシェアリングをするには

カーシェアリングは、グループを組んで1台の車を所有するシステムです。
利便性などを考えると、本来はご近所さんでグループを組んで所有するのが一番です。

しかし、ご近所さんと言っても最近はなかなか難しいものです。
ご近所さんと言っても、あくまでも他人ですし、それ程親しくもないならばなおさら。

そんなニーズもあってか、最近ではカーシェリングを専門に取り扱っている業者も登場しています。

例えば、駐車場で有名なタイムズなどがサービスを提供しています。

業者が行っていると、レンタカーのようなイメージもありますが、レンタカーよりも全然安いです。
例えばタイムズの場合、月の基本料金1000円プラス、実際に車を乗った時間で課金されますが、1300ccクラスの車で1時間800円程度で利用することができます。

車を普通に所有することから考えると断然安いですね。


《カーシェリング取扱店》

  三井のカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ

  200円〜/15分でクルマに乗れる!タイムズプラス




■不要な車を査定してもらい売却する

もし今乗用車を所有しているならば、カーシェアリングに切り替えることによって今の車は不要になります。

買い取り業者に査定してもらい、もし良い値段で売れるならば、更にお得感を得られるでしょう。


《中古車査定買い取り店》

カーセンサーnet
posted by 節約初級 at 15:01 | 自動車の節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン代割引きにはクレジットカード

ガソリン代を割引いてもらうには、クレジットカードを使うのが手っ取り早いでしょう。

ほとんどのガソリン会社メーカーには、提携クレジットカードがあります。そのガソリン会社のクレジットカードで給油料金を支払えば割引を受けられまし、それ以外にも色々と特典がついてます。

あなたの最寄のガソリンスタンド、あなたがよく利用するガソリンスタンドのクレジットカードはどうなっているのかチェックしてみましょう。


コスモ・ザ・カード・オーパス






【年会費】
永久無料

【ガソリン代割引】
入会時、燃料油50リッターまでリッター当り10円をキャッシュバック(最大500円まで)

【特徴】
コスモ・ザ・カード・オーパスの場合、給油に関する割引は入会時のみとなるため、ガソリン代割引という意味ではメリットは少ない。
その代わりに、「ときめきポイント」というポイントサービスがあり、貯まったポイントで色々なグッズや商品と交換することができます。
この「ときめきポイント」はイオングループのポイントとしても使えるため、イオン系のお店でお買い物をする機会が多い人にはお勧め。
「ときめきポイント」を貯めるコツは、ポイントが2倍になる毎月10日に利用すること。


昭和シェル スターレックスカード



【年会費】
初年度無料。2年目以降1,312円(税込)

【ガソリン代割引】
カード発行日の翌月末日までは、ハイオクはリッター当り10円割引、レギュラー・軽油はリッター当り5円割引。
それ以降は、ハイオクはリッター当り4円〜最大10円割引、レギュラー・軽油はリッター当り1円〜5円割引。
割引金額は、6ヶ月間のカード利用金額によって変わります。

【特徴】
昭和シェル・スターレックスカードは、カード利用額によって割引される金額が変わってきます。
要は利用金額が多ければ多いほど割引サービスも多くなるということ。

カード利用金額が6ヶ月で40万円以上になると最高の4スターランクとなり、ハイオクでリッター10円割引、レギュラー・軽油は5円割引となる。
3スター以上になると次年度の年会費1,312円も無料となり、4スターになると高速道路料金が5%還元される。

このように、カードを使えば使う程お得というのが昭和シェル・スターレックスカードの特徴。

6ヶ月で40万円というと使いすぎと感じるかも知れませんが、1ヶ月平均にすると約6万6千円。
ガソリン代と普段の食費や生活費の支払いを集中させれば特にビックリする金額ではないと思います。

工夫次第で、十分ガソリン代を節約できるのが昭和シェル・スターレックスカードです。



posted by 節約初級 at 20:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自動車の節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。