車購入 値切りのコツ

車に詳しい人に教えていただいた、車を買い替える時の値切りテクニックをご紹介します。
知らないと損します。実は私も今まで知らなかったので、何度か車を買い換えていますが損してたのかも?
と、思うとゾッとします。

まず、車の買い替え時期が近づいてきたり、欲しい車があったらディーラーの営業マンと話をすると思います。
車の機能やスペックなど、色々話を聞きながら検討します。

自分がその車のオーナーになった時の様子を想像しながら、ワクワクする時間です。


最後に買うかどうかで重要なポイントは値段ですね。
値段交渉する場合も、オプションや諸費用などを含めていくらになるか相談します。
もし自動車ローンを利用するなら、月々の支払いがいくらになるのか計算しながら値段交渉をします。


車の値段は、「車体価格 + オプション + 諸経費等 − 値引き = 支払い金額」で決まります。

しかし買い替えの場合、もう一つ重要なポイントがあります。

それは、今乗っている車の下取り価格です。
今乗っている車がいくらで下取りしてもらえるかで、新車購入費用の負担もずいぶん違ってきますね。

問題はここです。

例えば、営業マンが「今乗っている車を10万円で下取りさせてもらいます。」と言ってきた時、その下取り価格は本当に適正な値段なのかどうか。

それを知らないと、「ハイ、分かりました。助かります。」と納得してしまいます。これ、過去の私。

でも、実は今あなたが乗っている車の買い取り価格の相場が30万円だったとしたらどうですか?

20万円も損していることになります。

これでは、例えば値引き価格が5万円と言ってきても、それを考えても15万円も損していることになりますね。
逆に、営業マンは「してやったり!」です。

知らないって怖いですね。


自分の今乗っている車の価値を知ってれいば、「他社で見積り取ったら30万円で下取りするって言われたよ!もう少し負けてよ!」と交渉できるわけです。


新車購入に浮かれていてはダメです。
特に大きな買い物をして、分割で支払うローン形式を考えていると、「少しくらいいや!面倒だから。」となってしまいます。
これでは思うツボです。

自分の乗っている車の査定価格を、まずしっかり知っておくことが、値切り交渉のコツです。




たぶん、自分も下取りでやられていたと思います。
何も知らなかったので。クソーーー!

posted by 節約初級 at 13:52 | 自動車の節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンの定期おトク便

Amazon(アマゾン)の「定期おトク便」というサービスを教えてもらいました。
何ていいサービスなんでしょう!今まで知らなかったのが損した気分です。

アマゾンの定期お得便

コレ!その名の通り定期的にお得にお買い物をするサービスなんですが、これがいつでも10%オフってのがいいですね。

例えば飲料水や日用品の洗剤類、全部10%オフ。もちろん食品もあります。
赤ちゃんがいればオムツなんか必需品ですね。
ペットを飼っていればドッグフードなど定期的に必要ですね。
他、化粧品関係やサプリメント類も定期的に無くなりますね。
これ全部10%オフで買えます。。

普通なら無くなったらドラッグストアに定期的に買い物に行かなければなりません。
しかも、飲料関係とか調味料とか洗剤類とかまとめて買うと重くて大変です。
特に女性は大変ですね。あと、私の経験上アパート、マンションで階段を上らなくてはならないお宅は男でも大変です。

どっちみち買う物が10%オフで、しかも自宅の玄関まで届けれくれるなら、自分で買い物に行くよりも安くてラクです。

いいサービスを教えてもらいました。

アマゾンの定期お得便

posted by 節約初級 at 14:27 | お買い物節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特売品のプリン

節約ライターの野中ホルンさんのコメントを見つけました。
名言だと思ったので記録します。

「迷う=必要ない」なので買わない。

よくスーパーに買い物に行くと特売品で安くなっているプリンなどを見かけます。
私は「お得だ!」と思って買ってしまうタイプなのですが、もし「安いから買おうかな?」と迷った場合は、その時点で不要な物なので買わないのが節約のコツのようです。

確かに! と、納得できます。

欲しければ迷わず買うはず。迷っている時点でいらないと気付くことですね。

posted by 節約初級 at 13:46 | お買い物節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白物家電を安く買うならサンヨー(三洋電機)が狙い目

先日、家電量販店に行った時の話です。

目的はシャワートイレ。
賃貸アパートなので特に高性能な物は必要ありません。
できるだけ安く買いたいので、値段をチェックに行ったわけです。

その中で一番安かったのは在庫処分の札が貼ってあるサンヨー電機の商品でした。
値段は13,800円。
これは安いexclamation

パナソニックの商品も安かったのですが、それよりも約5千円安い。

店員さんに聞いてみる。「サンヨーの商品とパナソニックの商品、何が違うんですか?」

すると「機能的には同じです。サンヨーはもうブランドが無くなるので在庫処分してるんです。」の回答。

そういうことだったんですね。
ご存じの方も多いと思いますがサンヨー電機は、既にパナソニックの子会社。
サンヨーブランドは一部の商品を残して、もう作っていません。
パナソニックと被る白物家電分野は、既に中国の企業に売却しています。

で、私はとにかく安く買いたかったのでサンヨーの商品を買いましたが、これって他の商品にも当てはまるってことだと思います。

冷蔵庫、洗濯機などの白物家電で、サンヨーの商品は販売店が在庫処分に入っているってことです。
できるだけ安く白物家電を買いたかったら、サンヨー電機の商品を狙ってみてはいかがでしょうか?
ひょっとしたら、けっこう値切ってもらえるかも知れませんね。


posted by 節約初級 at 10:43 | お買い物節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。