自動車の運転免許を20万円で取る方法

自動車の免許は、いまどきの日本人は最低限持っておかなければならない資格と言ってもいいと思います。
逆に、18歳以上になって免許を持っていないと、生活に不便というだけではなく、仕事にならないと言ってもいいくらいだと思います。特に地方の人は。
18歳になって直ぐに免許を取らなくても、社会人になる前には取っておきたいですね。

しかし自動車免許を取るためにはお金がかかります。
自分が免許を取った時は、約30万円程度かかったと思います。
恐らく相場的にも妥当だと思いますし、今でもそう変わらないのではないでしょうか。

30万円は大きなお金ですね。
学生時代アルバイトで貯める人も多いと思いますが、できるなら安く免許を取りたいものです。

そこで、自動車免許を安く取る方法とご紹介しましょう。

簡単です。合宿で免許を取るのです。

運転免許が20万円以下で取れる合宿教習はこちら

自動車の免許を取るためには、自動車教習所へ通う必要があります。
自分の時もそうですが、普通に免許を取る場合は、日常生活の合間に時間を作って自動車学校へ通います。
これだと30万円コースです。

合宿教習は、その名の通り合宿で住み込みで自動車学校のカリキュラムをこなし、約2週間という短期間で免許を取ります。
この方法だと、20万円代で免許が取れるコースがたくさんあります。中には20万円を切る激安コースもあります。

もちろん、交通費、宿泊費、食費全部込みです。安いでしょ!
20万円で免許が取れれば、単純に10万円の節約。これは大きいですね。

ただし、合宿教習は約2週間合宿を張りますから、その間休みが取れることが条件になります。
就職してからでは2週間の休みを取ると言うのは厳しいですね。
そういう意味では、夏休みなどが利用できる大学生など、学生のうちにチャレンジすることが良いと思います。

運転免許が20万円以下で取れる合宿教習はこちら

posted by 節約初級 at 18:22 | お買い物節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

計画停電中の冷蔵庫

震災の影響で関東では計画停電が行われています。
被災者の方のことを考えるとわずかなガマン。協力しましょう。

電気が止まると何が困るか。
一番は冷蔵庫ではないでしょうか。

まだ今の季節はいいですが、これから春、夏と気温が暖かくなってくると食物が傷むことが心配。
特に冷凍庫。溶けちゃいます。
暑い季節に食べたくなるアイスクリームも、水割りの氷も保存できなくなってしまう可能性も。

冷蔵庫でできるだけ冷すコツは、とにかく開けないこと。

そんな実験を、今日のめざましテレビだったと思いますがやってました。

その結果、ちょっと物を取り出すためにほんの数秒開けただけで、庫内の温度が3度とか直ぐに上がっていました。
これを、2回、3回行えば、直ぐに庫内の温度が5度、6度と上がっていきます。

冷蔵庫を開けると、こんなにも温度が上昇するものだと数字で理解することができました。

なので「計画停電中は、冷蔵庫は開けない。」これを徹底したいと思います。

ほんの3時間程度ですからガマンしましょう。



posted by 節約初級 at 16:40 | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代がお得な暖房器具とは

がっちりマンデー情報です。

そろそろ暖房器具が必要な時期になってきましたが、ホットカーペット、オイルヒーター、エアコン、コタツの中で
一番経済的な暖房器具はどれでしょう?

1カ月18時間使用した場合の電気代はこう

ホットカーペット (強)6,534円
(弱)2,178円
オイルヒーター (強)13,068円
(弱)6,094円
エアコン 9,834円
コタツ 4,356円

単純な金額比較だけなら、ホットカーペットの弱が最も経済的。

ただし、エアコンやオイルヒーターは部屋全体を温める暖房器具。
ホットカーペット、コタツは足だけを温める暖房器具なので、単純比較にはならない。(森永さん談)

一番いいのは、併用みたいです。
例えば、エアコンとホットカーペットを併用して、体が温まってきたらエアコンは消すとか。

posted by 節約初級 at 17:55 | 電気代節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーシェアリングで乗用車の維持費を節約

一時期ガソリン代が高騰した時、カーシェアリングが話題になりました。
カーシェアリングは確かに車の維持費を格段に節約してくれる方法の一つです。

カーシェアリングとは、1台の車を一人で維持するのではなく、複数人で維持する方法です。
この方法なら、車の維持費を分担できる訳ですから、今まで一人(一家)で全部払っていた車の維持費は格段に軽減することができます。


■自動車は金食い虫

実際に乗用車を所有してみると分かりますが、1台の車を所有するということは、年間かなりの維持費が発生します。

ガソリン代、車検費用、自動車税、自動車保険などは最低限発生しますし、この他に自動車をローンで購入すれば自動車ローン、車検の間の1年点検や6カ月点検などを行えばその費用、それにエンジンオイルやオイルエレメント、ワイパーゴムなどの消耗品。消耗品は挙げれば限が無いほどたくさんの部品がありますし、もし故障となればまた費用が発生します。

しかも、車は高級になればなるほど、大きくなればなるほど部品の値段も上がります。

そう考えると、本当に自動車は金食い虫のように思えてしまいます。


■カーシェアリングに向く人・向かない人

車は金食い虫と分かっていても、生活環境や地域によっては車は欠かせない生活ツールの一つとなっていて、車が無ければ仕事にも行けないし生活にも困るという人がいるのは確か。そういう人は無理に車を手放す必要はないでしょう。

カーシェアリングに向く人は、乗用車は所有しているが、乗るのは週末のみとか、ある程度利用制限がある人に向いているシステムだと思います。
乗用車を所有していても、眠っている時間が長いという人ですね。必然的に電車通勤が多い都心部の人が該当すると思います。



■カーシェアリングをするには

カーシェアリングは、グループを組んで1台の車を所有するシステムです。
利便性などを考えると、本来はご近所さんでグループを組んで所有するのが一番です。

しかし、ご近所さんと言っても最近はなかなか難しいものです。
ご近所さんと言っても、あくまでも他人ですし、それ程親しくもないならばなおさら。

そんなニーズもあってか、最近ではカーシェリングを専門に取り扱っている業者も登場しています。

例えば、駐車場で有名なタイムズなどがサービスを提供しています。

業者が行っていると、レンタカーのようなイメージもありますが、レンタカーよりも全然安いです。
例えばタイムズの場合、月の基本料金1000円プラス、実際に車を乗った時間で課金されますが、1300ccクラスの車で1時間800円程度で利用することができます。

車を普通に所有することから考えると断然安いですね。


《カーシェリング取扱店》

  三井のカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ

  200円〜/15分でクルマに乗れる!タイムズプラス




■不要な車を査定してもらい売却する

もし今乗用車を所有しているならば、カーシェアリングに切り替えることによって今の車は不要になります。

買い取り業者に査定してもらい、もし良い値段で売れるならば、更にお得感を得られるでしょう。


《中古車査定買い取り店》

カーセンサーnet
posted by 節約初級 at 15:01 | 自動車の節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。